強化外骨格スーツ/パワードエクソスケルトン

【パワードスーツ】

マッスルスーツ、パワーアシストスーツ、強化服などとも呼ばれる動力を用いた装着型補助機器の俗称。
明確な線引き等はなく、全身を覆う船外活動用作業着(所謂作業用宇宙服)からアシスト機能付き医療用ギブスまで広義に呼ばれる事がある。



【パワードエクソスケルトン(PE)】

別名『強化外骨格スーツ』
パワードスーツの中で全身装着型であり、機体のみで自重を支えられる構造(フレーム構造)をしたものを指す。
総じて多くは戦闘を想定したものであり、名前の由来も昆虫や甲殻類の『外骨格=exoskeleton 』から来ている。
なお、構造上”着込む”というよりは”乗り込む”という表現のほうが正しい。



【PGシリーズ】

キャストの外装甲をモチーフに対ダーカー戦闘を想定して開発されたPE群。
正式名称は『第○○世代型対ダーカー用パッケージ換装式強化外骨格スーツ』
『万人に扱える対ダーカー用の強化外骨格スーツ』をコンセプトに開発された。
全身を覆う構造とリアクターから取り込んだフォトンを内部に流す事により、ダーカーの侵食を完全に防ぐ事が可能であり、
また、取り込んだフォトンは最終的に武装として出力する事も可能。
この為、フォトンに適正のない人間であっても侵食区域の中での活動、ダーカーとの戦闘が可能。
(しかし、フォトン生成、制御を完全に機械に頼ってしまっている為、アークスに比べて対ダーカーへの戦闘力は大きく劣ってしまう)
また、機体の動力が完全に機械式であるため、たとえ装着者に両手両足がなかったとしても問題なく作動させる事が可能。
まさにコンセプト通り、万人に扱えるスーツである。



ー余談(ちょっと黒い裏話)ー

...




ー余談②(運用性と疑問)ー

...


もっとマニアックで細かい資料

  • 最終更新:2016-03-21 04:10:41

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード