メヒーシャ

EP4メヒプロフ用2.jpg
姓名 メヒーシャ
種族 天使(登録上はヒューマン)
性別 女性
身長 170cm
年齢 ????(登録上は20歳)
プレイヤーネーム kisigami

「ここが噂の東京と言う街か…芯。」
「おおここの呉服店は良いな…。」
「何!?か、買ってくれるというのか!?」


近状
歪秤世界で1年を過ごし、オラクルに戻ってきた二人。
アルト、ディーネの間に子供ができていたことを知り驚愕したメヒーシャであった…。

概要
歪秤世界で悪魔の主、セルベルクとの最終決戦中に激突し突如、空間に亀裂が走りナベリウスの森林地帯に転移してきた
位階、第八位の大天使。(現在、第七位、権天使。)
ナベリウスの異常値調査に赴いていた、刃架 芯等Out Lineメンバーの現状の説明を受け、
状況を把握、突如の元の世界の決戦最からの離脱という現実を知り、悲しみに沈むが、皆の真摯な対応により前向きに考えられるようになった。

ニックス事件(ストーリー参照/変わってしまった芯以降)
をきっかけに芯と恋仲、正式な守護天使となり、位階を超え権天使となった。
そして白髪蒼眼の文の事件後、二人はメヒーシャの世界…歪秤世界に旅だった。

そして歪秤世界での悪魔と天使の抗争を意外な形で終わらせ、
(ストーリー参照)二人は晴れて結婚、夫婦となった。

月日は流れ…歪秤世界で1年を過ごし、オラクルに戻ってきた二人であった。


人物像

性格は使命感に強く「……職務には忠実であれ」というぐらいに真面目で頑固な性格をしている。
故に性格が似ている芯と衝突することもしばしば…。
ルファディエルからの教えを真摯に受け止め、「過去は、如何に嚥下するかに掛かっている。」
という信条に生きてきた。だが芯、文と出会い考え方を改め現在は考え方を足していくことを覚えた。



原作について

原作   :エウシュリー
登場作品 :創刻のアテリアル

常に最前線に身を置く大天使
この世ではないどこかに存在する『天使』と呼ばれる種族の一人であり、
第八(アークエンジェル)の位にしてアプサエルを冠する者。
その戦闘能力は非常に高く、敵対者との戦争が絶えない最前線へ送り込まれては、
天使に勝利をもたらしている歴戦の勇士。甘えや情が敗北を招くことを熟知しているためか、
言動には常に厳しさが含まれている。

彼女の世界

ー天使と悪魔が争い、怪物が住む異境ー
天慶市と徐々に融合をし始める、地球とは異なる空間にある世界――それが『歪秤世界』である。
歪秤世界の構造は、球体。内に無数の島が浮いており、島々に住み着く『クリエイター』と呼ばれる謎の生命体が弱肉強食の世界
を築き上げている。また、歪秤世界には上位種とも呼ばれる『天使』『悪魔』といった空想上の生物が多数介在、
彼らは自身の領域を作り上げることによって幾千年もの時を争い続けているのだという。



能力

闘能力は非常に高く、順応性もあり正しく歴戦の勇士その者である。
武器は元々裁きの神槍というものを持っていたが、オラクルに来てDF(巨躯)に一人で挑み、勝利とともに砕けた。
それを持ちロビーを歩いていたところ刀匠ジグに修繕させてくれと頼み込まれる。
現在はジグにてオラクル風に修繕、改装された神槍を持っているが、治ってきた神槍は巨躯を倒した時の影響で、
反転し、禍々しい物となってしまった。
主に神力、魔力使用して戦う。メヒーシャの最大魔法でジャッジメントというものがあるが、これは光の柱が無数に降り注ぎ
対象を蒸発させる神義である。
神装というものがありこれはメヒーシャが真の天使であることを指す能力である。
元は大天使、(翼は4枚)であったが、芯と繋がった事で位階を超え第7位、権天使(翼6枚)となった。

<異能に関して>

EP4になり行使に関しては、上官に申告し許可を貰わなければ使用することが出来ない。
基本は異能を使用しない。
神装開放リサイズ.jpg

テーマ曲:GARNET CROWより「Flying」






                 

  • 最終更新:2016-06-06 22:20:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード