アルト・ブレイズ

EP4魔王水精プロフ.jpg
姓名 アルト・ブレイズ
種族 魔族、龍人(登録上はデューマン)
性別 男性
身長 200cm
年齢 ?????
プレイヤーネーム kisigami

「ふふ…いつ見ても癒やされるな…。」
「おっと…泣くなよ…泣くんじゃあないぞ?」
「何故暴れるんだ…。」

近状
城にて、家族と団欒をしている時、突如城に未来の姿の娘、ディーアが城に転移されてきた。
初めアルトは、ディーアとは信じず、逆に娘の名を語る侵入者とし、排除しようと戦闘態勢に入るが、
妻、そして更に転移して現れた未来の息子、ノイに止められ、話を聞くことに…。
話を聞いたアルトは、俄に信じ難かったが、血統である証を直に目の当たりにし認めた。
そしてこの二人に城の自由な出入りを許可したのであった…。

概要
意志転移によってやってきた別次元の人物。
(*意志転移とはアルトの思念と共鳴して強者がいる次元、場所へ強制転移される次元転移術であるが、根本は、「セカイ」の意志によるものであった。)
そしてとある人物との出会いをきっかけにアークスとなる。
アークスになりたての頃は何ふり構わず戦いを挑んで無法者と扱われていた。
後に四大精霊ウンディーネ、後のディーネ・ブレイズと出会い「暇潰し」という名目で契約する。
そして世界の終焉…刀焔ノ宴が発動されアルトはセカイに乗っ取られた。
セカイの傀儡となったアルトを取りし、二人は結婚。夫婦となった。
後に刃架 芯の要請を受け、ディーネ共々アークス特殊戦術隊 第零番隊へと配属。第2席として活動。

そして二年の月日が流れ…二人の間に娘が生まれ、家族三人城で仲良く暮らしている。

人物像
初めの頃は、高圧かつ弱者を見下すと言うことをしていたが、刀焔ノ宴を乗り越え、他人を見下すことはしなくなった。
性格は好戦的だが結婚をしこの部分はだいぶ丸くなった。趣味は俗世を知ることで、端末を使いニュースを見たりすることである。
最近は、珈琲や紅茶などのオリジナルブレンドを作るのに凝っているようだ。

補足
別のアークスシップで活動中の下記女性、貴船 未緒の意識の中に同一魔王の意識があるが、
ソーンの魔王は未緒と融合する前の生前の魔王であり未緒の中にある魔王とは異なる平行世界の同一人物(if)の魔王である。
宿主、未緒が龍人ということもあり規格外の力を有している。
だが、彼女にも最大の欠点がある…可愛い娘が一定距離近づいたり、興奮すると体質らしいが鼻血が吹きでてしまう。
尚戦闘モードのスイッチが入っているとこの現象はなくなる模様。

アルトプロフ用未緒.jpg
(C)SEGA


彼の世界
人間界、魔界、神界、龍神界、この4世界で構成された特殊な世界。
(*龍神界は魔界と神界の狭間に在るとされる龍の架け橋という次元を繋ぐ門からしか行き来できない特殊な次元にある世界の事。)
元々は人間でブレイズ王朝第一位王位継承者。
とある事件をきっかけに魔王となった。
爵位は魔王、魔王と言っても何かを統べる一般的な魔王とは違い、個の存在である。
二つ名は総ての万物総ての刀にて、纏いし焔と共に終焉へと導く者。故に刀焔ノ魔王と呼ばれていた。
なお未緒の中にある魔王は龍神界の黒龍という存在に倒され遺跡に封印された。


能力
武術、刀剣術、魔術に関しては魔王というだけあり底知れない潜在能力を有している。
刀焔ノ剣を手に入れたと同時に龍の力を宿し龍化と言う力を手に入れた。
龍力を手に入れたことでアルトの中に龍が存在すようになった。
個体名 紅龍。アルト、ディーネ等からは龍様と呼ばれている。
好物は肉料理又は肉。
そして龍化を手に入れたアルトは、刀焔解放状態にはなれなくなり、力の全ては龍化となった。

<異能に関して>

EP4以降、行使に関しては、上官に申告し許可を貰わなければ使用することが出来ない。
基本は異能を使用しない。

異能の封印方法はリミッター式でアルトは5つのリミッターを掛けられている。









――追憶――





崩れ、燃えゆく城に絶叫が木霊する…。




青年の周りには、親愛なる者達の亡骸が横たわっている。






彼は神に問うた…。






何故このような理不尽な運命を強いるのか…。





自分が無力だったのがいけなかったのか…。



彼は願った…。




力が欲しい…このような理不尽な運命を強いる世界を壊せるほどの力が欲しいと…。






声が木霊した…。



汝は力を欲するか…世界を壊せるほどの力を…。




彼は渇望した。







声は答えた、その力を汝に授けよう、総てに終焉を与える力を…刀焔の力を…。







彼に紅き光が降り注ぐ…。











そして一夜にして一国が消滅した。


テーマ曲:The Midnight Carnival

  • 最終更新:2016-06-06 22:19:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード